旦那の飲み会が多い…飲み代の平均はどのくらい?

今週も飲み会、来週飲み会…また飲み会なの?いい加減にしてよ!

こんな経験ありませんか?とくに12月の忘年会、1月の新年会、3・4月の歓送迎会、旦那さんの飲み会ばかりでウンザリしますよね。

他の家庭では飲み代どうしてるの?その都度出してるの?お小遣いから出してるの?と気になりますよね。

今回は旦那さんの飲み会でどのくらい代金を渡すべきなのかをまとめています。

スポンサーリンク

飲み会が重なるととんでもない額になる!飲み代が家計を圧迫する。

自分のお小遣いの中から飲み代をうまくやりくりしている旦那さんであれば問題ありません。

だけど皆が皆そんな旦那だんばかりではありません。「今月は飲み会が多いからお小遣い足りない」「飲み代ちょうだい」なんて言われるとわかっていてもイラっとしてしまいますよね。

5000円で済めば良いほう、10000円は必ずかかるって人も多いと思います。

これが月に1~2度だったらいいんですが、飲み会の多い時期には毎週のようにあります。月に5回も飲み会なんてあったら家計が圧迫されます。

50000円あればちょっとした旅行にも行けるくらいの額です。食費にあてれば贅沢できます。それを数時間の飲み会で使ってくるわけです。ストレスがたまりますよね。

他の家庭ではどのくらい飲み代を渡しているのか?

一次会だけの飲み会…5000円
二次会の予定がある飲み会…8000~10000円
タクシー、代行代…3000円

1次会だけの飲み会(居酒屋などの場合)には1回あたりの代金は5000円ほど。友人や同僚同士の場合にはこの金額でも充分に足ります。

上司や部下を含む飲み会、大勢での飲み会の場合には2次会への参加もあり8000円~10000円ほどを旦那さんに渡す奥さんが多いです。

ですが飲み会と言うのはその場の空気で状況が変わっていきます。そのため、

・飲み代でいくらかかるか分からない。
・2次会へ行くかも分からない。
・タクシーや代行を使うかもしれない。

これらの可能性を考えて平均10000~13000円を渡す家庭が多いそうです。

残った飲み代は返してくれる?返してくれない?

10000円も渡したのに、思いのほか早く帰ってきた…これって1次会だけで終わっているんじゃないの?

家計を預かる身としては多く渡し過ぎた飲み代は返してほしい。

旦那さんは余った飲み会を返してくれますか?きちんと返してくれる旦那さんは優秀です。

「返してくれてありがとう。また次の飲み代にまわそうね」と言うと、あれ、良い事をした?と思いこれからも残った飲み代を返してくれます。

ですが、残った飲み代をそのまま返さず自分のお小遣いにしてしまう旦那さん。

飲んで気分のよい旦那さんに「飲み代使ってない分は返して」なんて言いづらいですよね…。

そんな時は「○○さんの旦那さん、使わなかった飲み代は返すんだって~真面目だね~」とさりげなく言いましょう。

旦那さんの心に小石を投げて波紋を広げるようなイメージです。頭ごなしに「返して」と言っても険悪な空気を作るだけ。

波紋が伝わり旦那さんに変化が現れるかもしれません。

まとめ

飲み代がかさむと家計を圧迫…ストレスを抱える奥様も多い。
一度の飲み会で渡す飲み代は平均10000円~13000円。
余った飲み代を返してくれない旦那さんには他の家庭の話しを例にあげて、伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク