旦那の飲み会、帰宅時間が分からずイライラするのはもうやめよう。

毎週のようにある旦那さんの飲み会。お金もかかるし、帰宅時間のわからない旦那さんにイライラしていませんか?

小さな子供がいる家庭や外で仕事をされている奥さんならなおさらこの待ち時間が勿体ないですよね。

今回は帰宅時間のわからない旦那さんへの対処法とストレスをためないためのコツをご紹介します。

スポンサーリンク

何時だと思ってるの?待ってる時ほどイライラするものはない。

今日は早く帰ってくると言ったのになかなか帰ってこない旦那さん。

・何時に帰るかわからないから寝れない。
・終わったら迎えにきてほしいと言うので連絡を待っている。
・ご飯がいるのかいらないのかはっきりしない。

こういうこと、よくありますよね。なぜ、一言『○時頃には帰れるよ』のメールや電話ができないのでしょうか。

面倒くさいこと?旦那はなぜ連絡をしないのか。

飲み会の状況では本当に連絡ができない事もあります。だけど、連絡できるのにしないというのは家族だからという甘え。

「ごめん、次からは気を付ける」と言われたら許しますよね。だって家族だから。

でもそれが取引先だったら?ごめんでは済みません。

・連絡をすると現実へと引き戻される感覚になる。
・自分だけ帰れば空気が悪くなる。
・面倒くさかった。
・終わる時間がわからなかった。

連絡をしなかった理由はいくらでも作れます。

帰宅時間のわからない旦那への対処法は?

① 旦那の飲み会メモを作る。

旦那さんが飲み会に行く日の朝や夕方、サッと書いてもらうようにしましょう。先のことが分からずただ待つというのはストレスが溜まります。

ザックリとした帰宅時間、夜食、迎えの有無がわかっているとそれは軽減します。

帰宅時間を書いてもらっているので、この時間を目安に帰宅。

自分で書いたことなので過ぎそうになると約束を破ってしまうという罪悪感を感じるようになります。連絡をしてくれる可能性も高くなります。

② 自分の中で決まりをつくる。

帰宅の遅い旦那さんを待ち、次の日に眠い、仕事や家事に支障をきたすっておかしな話しです。

旦那さんは帰宅後に、帰りを待ってくれて有難うと言ってくれますか?妻が起きて待っているのは当たり前だと思っていませんか?そういうのはもうやめましょう。

旦那さんを待つのは23時まで、など自分の中で決まりを作り23時を過ぎたら先に寝る。迎えは代行やタクシーを使ってもらう。

と言うようにしないといつまで経っても『旦那の帰りをイライラしながら待つ妻』です。

③ 旦那に嫌味を言ってはいけない。その代わりに自分にご褒美をあげる。

旦那さんには旦那さんの理由があります。会社や家庭でのストレスを発散させ自由になりたいこともあります。

奥さんへの連絡自体も自由を奪うものであるかもしれません。

嫌味の一つも言いたいところですが、人は追い込まれると逃げ場がなくなります。

逆上したり顔色を窺うようになり、そして互いが無関心になります。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、あなたの周りにはたくさんいます。

旦那さんがなぜ連絡をしないのか、よく考えてみてください。頭ごなしに責めたり嫌味を言ってはいけません。

でもこれでは自分が我慢することになりストレスがたまりますよね。

だから、自分にご褒美をあげてください。高価なものじゃなくていいんです。

500円~1000円程度で旦那さんや子供のものではない自分だけのもの。

・旦那さんの飲み会を快く送り出して、自分が決めた時間まで待っていた。
・嫌味も言わなかった。
・夜食やお風呂の準備やお迎えにも行った。

自分の中で決めたことが守れたらご褒美をあげてください。やり場のないストレスが軽減されます。

まとめ

旦那さんの帰り時間が分からずイライラしてしまう奥さんはたくさんいます。

一言、メールや電話をしてくれれば…とも思いますが、旦那さんには旦那さんの都合もあります。

連絡をしないことを責めるよりは、だいたいの時間でも良いのでメモに残してもらったり、自分なりの決まりを作りストレスを溜めこまないようにしましょう。

スポンサーリンク