バナナピーマンやカラフルジャガイモ?色鮮やかな鎌倉野菜10選

鎌倉野菜って聞いたことはあるけどどんな野菜かは知らないという方もいると思います。鎌倉野菜は鎌倉近辺で摂れた新鮮で高品質の野菜のことで、露地栽培で多種少量の作付けが特徴の野菜です。

スーパーでは並ばない野菜も多く、有名レストランのシェフも買い付けに来るそうです。そんな珍しい鎌倉野菜についてまとめてみました。

スポンサーリンク

見たことない!! 色鮮やかな鎌倉野菜10選

【カラフルニンジン】
①人参2
(出典:http://www.kamakurayasai.com)
黄色・白・エンジ、ときには黒や真っ赤なニンジンも出ているそうです。エンジのニンジンは真ん中が黄色で2色…ニンジンと言われなかったら分からないかもしれません。

春から夏前は香りも良く柔らかいので生食がおすすめとのこと。

 

【バナナピーマン】
2 バナナピーマン1
(出典:http://rokomokoto.blog.fc2.com)
見た目は色の薄いししとうですが、ピーマンだそうです。バナナピーマンと言われているのは形状や甘みが強いからで、バナナの味がするわけではありません。

驚くのはバナナピーマンをそのままにしていると、熟してさらにクリーム色になるとか…。クリーム色の野菜なんて珍しいですね。

 

【緑ナス】
3 緑ナス1
(出典:http://rokomokoto.blog.fc2.com)

紫の色素どこいったのかな~と思ってしまう緑ナス。

味は紫のナスと変わりませんが、漬物にすると色が出ないのでちょっと寂しいですね。

 

【白ナス】
4 白ナス1
(出典:http://rokomokoto.blog.fc2.com)

さらに紫の色素がないナスいた…並んでいたら2度見どころじゃないよね。

一瞬大根かと思ってしまいますが、ナス特有のツルンツルンとした皮と白さがなんとも頭を混乱させます。

 

【カラフルジャガイモ】
5 カラフルジャガイモ1
(出典:http://noupro.jp)
赤とか黄色とか黒とか…スーパーでこんな種類見たらどれを買えばいいか迷ってしまいそう。

こんなに色とりどりのジャガイモがカレーに入っていたら子供も喜ぶんじゃないでしょうか。

 

【黒トマト】
⑥黒トマト1
(出典:http://kensui.backdrop.jp)
赤黒いため黒トマトと呼ばれているそうです。野菜で黒というのも珍しいですね。

甘みが強いためサラダに向いているとのこと。

 

【カラフルカリフラワー】
7 カリフラワー1
(出典:http://noupro.jp)

白や薄い黄色のカリフラワーは見た事がありますが、こんなに黄色がはっきりしているものや緑のカリフラワーはまず売ってないですね。

並ぶとブーケみたいでちょっと可愛いですね。

 

【スイスチャード】
8 スイスチャード1
(出典:http://saltybl.blogspot.jp)

茎の部分がカラフル過ぎて海外のお菓子のように見えるのは私だけでしょうか…。

料理に使えば見た目も鮮やかなものができそうですね。ホウレンソウの仲間で一年を通して栽培できるそうです。

 

【コリンキー】
9 コリンキー1
(出典:http://www.recipe-blog.jp)

名前からは想像もできない野菜ですが、かぼちゃだそうです。

しかも生で食べられるかぼちゃだそうで、サラダや漬物なんかに向いています。

 

【トランペットズッキーニ】
トランペットズッキーニ1
(出典:http://plaza.rakuten.co.jp)

トランペットのように大きくて細長い形状から名前が付いたズッキーニだそうです。

輪切りにするか縦割りにするか悩みそうですね。味は普通のズッキーニに比べると甘みがあるそうです。

まとめ

いかがでしたか?鮮やかで見たこともない不思議な野菜ばかりですね。

鎌倉野菜は見た目だけではなく、新鮮で味も抜群とのこと。沢山の人に知って食べてもらえるように通信販売も行っています。興味のある方は是非食べられてみてください(^^)

鎌倉野菜を見てみる。

スポンサーリンク