日焼け止めで手に痒み…原因や対処法は?痒くならない日焼け止めは?

日差しが強くなる時期になると日焼け止めを塗る方も多いと思いますが、塗った後に手が痒いなと思ったことはありませんか?

敏感肌用と書かれていても日焼け止めは日焼け止めです。肌状態によっては痒みが出てしまいます。

日焼け止めで手が痒くなる原因や対処法、痒くならない日焼け止めについてまとめてみました。

スポンサーリンク

日焼け止めとは?

日焼け止めになぜ紫外線を防ぐ効果があるのかというと、紫外線防止成分というものが含まれているからです。

紫外線防止成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という2種類の成分があり、市販の日焼け止めはこの成分のどちらか、もしくは両方が配合され日焼け止めとして販売されています。

少し細かく見ると、「紫外線吸収剤」というのは肌に紫外線があたった時に、紫外線を吸収しながら化学変化を起こし熱などのエネルギーに換えて放散させます。

「紫外線散乱剤」というのは成分の中に金属の粉が含まれ皮膚に膜を張り鏡のように紫外線を跳ね返します。

「紫外線吸収剤」の方が紫外線を防ぐ効果は高いですが、その分肌への負担も大きくなります。

日焼け止めで手が痒くなるのはなぜ?

◎日焼け止めに含まれる成分が皮膚を刺激している

日焼け止めというのは使いやすさや効果を長持ちさせるために界面活性剤や保存料・香料などの添加物を多く含んでいます。

界面活性剤は悪いものではありませんが浸透性を高めてしまうので、日焼け止めの成分が肌へと浸透しやすくなります。

また、日焼け止めは油分も多く肌への密着度が高いので皮膚に残り手が痒くなってしまいます。

◎敏感肌や乾燥肌で肌がもともと弱い

敏感肌や乾燥肌にとって日焼け止めはあまり相性が良いものではありません。

とくに手が荒れていたり、アトピー・主婦湿疹などで炎症や痒みを起こしている人は傷もありそこから日焼け止めの成分が入り込むことがあります。

1~2回の使用であれば問題はないかもしれませんが、毎日使うようであれば肌負担は大きくなります。

日焼け止めで手が痒くなったときの対処法

日焼け止めを塗り、手が痒くなったときは石鹸などで優しく洗い流すようにしましょう。痒いからと言って掻きむしると手の痒みは炎症が広がり強くなってしまいます。

硬く絞った冷たいタオルや保冷剤をあてて冷やすのも効果的です。

痒みが出た日焼け止めの使用は中止して、成分の優しい日焼け止めや手に触れずに塗れる日焼け止めを使用するようにしましょう。

手が痒くならない日焼け止めのおすすめは?

手を経由しなければ塗れないジェルタイプやクリームタイプの日焼け止めが多く販売されていますが、手が痒くなりやすい方はこれらの日焼け止めはできるだけ避けるようにしましょう。

最近では日焼けをしにくい肌を作り、メラニンを抑制してくれる日焼け止めのサプリメントが人気なので、日焼け止めでの痒みや肌に塗る煩わしさを感じている人にはおすすめです。

公式サイトを確認はこちら⇓

まとめ

顔や手足の肌は健康的でも手の皮膚が敏感で痒みを起こしやすいという方は沢山います。

無理に日焼け止めを使用せずに、負担が少なく自分に合った紫外線対策を選んでいくようにしましょう。


スポンサーリンク